浮気調査を依頼する理由│離婚をする・やり直す・不安を取り除く等

24時間365日OK!無料電話相談はこちら

0066-9736-2015通話料無料

24時間受付 無料相談

浮気調査を依頼する理由

今すぐ浮気調査のご相談をしたい方はこちらをタップ(通話料無料)

0066-9736-2015

離婚をするために
離婚をするための浮気調査

結婚は半ば勢いでできるものですが、離婚はそうはいきません。
「離婚しましょう」「そうしましょう」と簡単に済めば話は早いのですが、そう簡単に事は進みません。

話し合いが揉めた場合、離婚には法廷で定められた下記5つの原因に基づいて確定し、そのためには証拠が必要となります。

  1. 不貞行為
  2. 悪意の遺棄
  3. 3年以上の生死不明
  4. 回復の見込みのない強度の精神病
  5. 婚姻を継続しがたい重大な事由
離婚を告げられた時のために
離婚を告げられた時のための浮気調査

配偶者が愛人と不貞をしていた場合、「好きな人ができたので別れたい」とは言いません。大抵は「君とはやっていけない」などといった理由で離婚を迫ってきます。

そのためには反撃の材料が必要となります。来るべき日に備えて証拠集めをしておくことが必要です。

真実を知りたい
パートナー・配偶者の真実を知るための浮気調査

配偶者に不審を感じ、配偶者の行動が読めない場合、相手がいま何をしているのか気になって気になってしょうがない事と思います。

しかし毎日そのような状態では精神衛生上よくありません。仮に配偶者が不貞行動をとっていなかったにしても、真実を知ることによって配偶者への信頼も深まることと思われます。

やり直したい
パートナー・配偶者とやり直すための浮気調査

浮気には「本気心」と「遊び心」の2種類があります。

大半は遊び心からの浮気です。本気で家庭を捨てるつもりで浮気するケースは"まれ"です。

浮気の証拠を撮ったら、愛人に対する慰謝料請求によってきちんと制裁を加えた上で、配偶者の事は許して迎え入れるのが良いと思います。

喧嘩は引き際が肝心です。いつまでも相手の過失を責めてはいけません。

浮気後やり直しの際、最も大切なことは、以前と全く同じカタチを求めないことです。

一度壊れた信頼や絆が元のカタチに戻るという事はありません。お互いを理解しつつ、少し違うカタチでも、前より良い関係になることもあります。

ウソを暴きたい
パートナー・配偶者のウソを暴くための証拠を集める浮気調査

浮気の証拠を取る上で、最も重要なことは、配偶者に浮気を疑っていることを勘ぐられないことです。

配偶者に勘ぐられても浮気はやめません!問い詰めても浮気はやめません!あなたにバレないよう浮気をするだけです。

あなたが疑いの目を向ければ向けるほど、それに比例して警戒度は増すでしょう。従って簡単に撮れたハズの証拠も撮れなくなってしまうわけです。

精神的にキツイ状況ではありますが、配偶者が不貞に及んでいるかもと思っても、「私は何も知りませんよ」という顔をしながらしっかり準備して調査をすれば、早く、安く結果を取ることができます。