正しい探偵社の選び方 | 東京探偵社ALG

正しい探偵社の選び方

お客様が探偵社を選ぶ際のポイントは「探偵社が調査地に近い」ということや「予算の範囲内に収まりそう」など様々ですが、広告を見ただけで優良な探偵社かどうかまで見抜くことはなかなか難しいものです。

ここでは探偵社への電話相談・面談時における注意点や、質問した方が良いと思われる点を紹介していきたいと思います。

① 各都道府県の公安委員会に探偵業の届出をしているか

業法施行前は「私は××探偵社です」と名乗った時点で探偵業を始めることができましたが、平成19年に探偵業法が施行されたことにより、探偵業を開業するにあたっては各都道府県の公安委員会に対し届出が必要となりました。

届出が完了すると公安委員会より届出証明書が交付されますので、探偵業法によりこの届出証を見やすい場所に掲示し、依頼者に対して届出業者であることを示す義務があります。

もし調査のご契約時に届出証明書を見せられなかった場合は、無届業者の可能性もありますので注意が必要です。探偵業法では一定の欠格事由を設けておりますので、欠格事由に該当する者は届出を行っても受理されません。ご契約時には必ず届出証明書を確認しましょう。

尚、東京探偵社ALGの届出番号は「東京都公安委員会 探偵業届出 第30130348号」です。

② 電話で相談した時点で具体的に見積もりをしてくれるか

ホームページには大雑把にしか料金が表記されていないため電話相談をしたところ、具体的な料金説明は行われず「まずは事務所にお越しください」と言われ、結果的に高額な調査契約を結ばされてしまったというケースは良く耳にします。

依頼者様にとって調査料金はとても大事なことです。東京探偵社ALGでは調査料金はホームページに表記しております。また、お電話いただければ詳細に料金説明も致します。

③ 調査中の電話連絡は可能か

東京探偵社ALGでは、調査対象者に動きがあれば、その都度、動きが無くても定期的にご連絡し、リアルタイムに続行及び終了のご指示をいただいております。これにより無駄な費用をかけることなく効率的に調査を行うことが可能です。必要も無いのに調査時間を延長し、高額な調査料金を請求する悪徳な探偵社もおりますので注意が必要です。

④ 調査にバイクを使用するか

都市部の調査においてバイクの導入は必須です。東京探偵社ALGでは全ての調査員に二輪免許取得を義務付けております。バイクの導入により尾行の成功率も格段に変わって参りますので、調査にバイクを使用するかどうかは探偵社選びのポイントになると思います。

➄ 調査におけるメリット・デメリットを説明してくれるか

現場経験の無い営業・面談専門の者が「何でもできますよ」と安請合いし、中途半端な調査結果になってしまう事はよくあります。

東京探偵社ALGでは、必ず熟練した現場経験のある者がご契約時に同席し、調査が可能か不可能か、あるいは必要か不要かを判断します。これによりご予算に応じた調査の相談をお受けすることも可能です。

⑥ 調査は何名で行うのか

これは調査の内容に応じた適正な人数で契約が交わされているか、という問題です。恐らくどの探偵社も通常の尾行調査は2名体制を基本とし、難易度が高い案件については、多くても3名体制で行っているものと思います。しかし調査料金を多く請求するための根拠として、調査初日から4~5名の調査員を投入する探偵社もあります(実際に4~5名で調査を行っている訳ではなく、調査員の水増し請求がほとんどです。)

東京探偵社ALGでは、ご契約時に綿密な打ち合わせを行っておりますので、調査の内容を十分にヒアリングし、現場の状況にあった適正な人数で調査を実施しております。

➆ 調査終了時に受け取れるものは何か

調査が完了したときには、調査報告書を受け取れるものと思いますが、ご契約時に報告書の提出形式はどのような形になるのかという事を確認しておいた方が良いと思います。ご契約時に報告書のサンプルが確認できればなお良いと思います。 通常、調査完了時に提出されるものとしては①書面の報告書、②動画のDVDもしくは写真等の画像の2点が一般的です。 東京探偵社ALGでは、①画像の貼り付けられた書面の報告書、②動画DVD、③印象的な場面や証拠となり得る場面の写真、の3点を提出しています。

ページの先頭へ戻る