悪徳探偵社の手口 | 東京探偵社ALG

悪徳探偵社の手口

昔から探偵社には「誇大広告」「強引な契約」「法外なキャンセル料」「調査員の水増し請求」「調査の怠慢」「虚偽の報告」「無意味な追加調査」などの多くの問題がありました。

よく世間一般では悪いことをしている○○を例えて、「悪徳弁護士」「悪徳医者」「悪徳警官」などと言いますが、これらの3者に共通して言えることは「大多数は悪徳ではなく善良!」であり、一部の善良ではない人たちを「悪徳○○」と呼んでいることです。

しかし、探偵社の場合は、先に挙げた広告~無意味な追加調査までを悪徳と定義した場合、一部ではなく、ほとんどの探偵業者が「悪徳探偵!」ということになります。これがこの業界の簡単には改善されない深い根なのです。

一般の企業では「大手」と言われるところは、大多数がまともな企業だと思いますが、探偵社の場合は、その「大手」がこれまで悪徳な営業活動を「大手感」を武器にやってきていますので、さらに始末に負えません。

つまり、「悪徳」かそうでないかのすみわけが非常に難しいのです。極端に言えば、ほぼ全てが「悪徳」の部類に入ってもおかしくないのが「探偵社」と言っても過言ではないのです。

なのでここでは、どれだけその「大手」を含む大多数の探偵社がこれまで、色々な悪行を重ねてきたのか紹介していきたいと思います。

広告に関する罠

浮気調査などで相談者が探偵を選ぶのはまず広告からですが、探偵業界ほど誇大、ウソ、偽りを多く出している広告も珍しくはありません。広告に騙されないように注意して下さい。

契約に関する罠

探偵社とお客様の間で一番多いのが、この契約に関するトラブルです。分かりづらい契約や強引な契約、また、解約に応じない、法外な料金の請求など、契約には注意が必要です。

調査に関する罠

悪徳な探偵社は契約後調査自体を行わないこともあります。また、調査に関するトラブルで一番多いのが、調査員数の水増し請求です。調査に関する悪徳手口はこちら!

その他の罠

その他、報告書に関する悪徳な探偵社の手口や、実例などをご紹介します。

ページの先頭へ戻る