調査ご依頼前の注意点 | 東京探偵社ALG

浮気調査依頼前の注意点

浮気調査を成功させるには依頼者様のご協力も必要になって参ります。しかし依頼者様の中には、調査成功のために良かれと思ってやったことが結果的に裏目に出てしまうこともあります。つまり探偵側がよほどおかしな調査をしていない限り、対象者が警戒するきっかけは依頼者様が作ってしまう事が多いということです。

ここでは浮気調査を成功させるために私どもから依頼者様にお伝えしておきたいことを記します。

( 1 )自分たちで対象者を尾行しない

これは、ご依頼前であることが多いのですが、自分たちだけで結果を出してしまおうと対象者を尾行してしまうケースです。

まず、浮気調査などで尾行を行う前提として、「対象者に顔を知られていない」という条件があります。顔見知りの尾行はプロでも難しいものです。それを顔見知りである上に、尾行などをしたことの無い方々が行うことに無理が生じます。大抵は対象者を見失ってしまうか尾行が見つかってしまいます。

自分たちで尾行して対象者を見失うならまだ良いですが、見つかってしまうとその後の調査に大きく影響します。自分たちで結果が出せなかった後に私どもにご依頼されても、対象者の警戒が厳しく尾行ができないという事態になってしまうこともありますので、相手方に不審な行動を感じたら、自分たちで動こうとせずまずは、浮気調査のプロである私たちにご相談ください。

( 2 )行動・振る舞いはいつも通りに

浮気調査などで依頼者様が探偵社にお支払いする調査料金は、大抵はタイムチャージ制(時間が経過するごとに課金)かと思われます。ということは調査にかける時間が短ければ短いほど出費も抑えられるということになります。

そこで短時間で結果を出して出費を抑えようと普段は聞きもしない調査当日の対象者の予定を聞いたり、携帯電話を盗み見ようとするのはNGです。あくまでいつも通りの振る舞いを心がけてください。

( 3 )所持品や履歴など

これまでに挙げた事を実践しても、所持品などから調査の依頼を検討していることが発覚してしまうケースもありますので注意が必要です。

①探偵社に相談電話をした際のリダイアル

②インターネットで探偵社を探したときの検索・閲覧履歴

③探偵社を訪問した際に受け取った名刺や料金表

④探偵社と契約を交わしたのであれば契約に関する書類

ページの先頭へ戻る