盗聴器・盗撮器発見調査 | 東京探偵社ALG

盗聴器・盗撮器発見

私たち「人」が定期的に健康診断を受けるように、住いの定期検診も必要です。

もしかしたら「盗聴器・盗撮器」という「癌」が見つかるかもしれません。

盗聴・盗撮器は身近に潜んでいます!

「盗聴・盗撮器が仕掛けられていた!」などと聞くと、テレビや漫画などの話で現実味が湧かない方もいるかもしれませんが、決して関係のない話ではありません。

まさか自分が被害に遭っているとは夢にも思 わず、何年も自宅の盗聴をされ続けていた・・・という事例をよく耳にします。

さらに盗聴・盗撮器の販売 個数は年間20万個以上といわれており、価格もかなり安く誰でも購入できてしまいます。それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。

仕掛ける場所はやはり家

盗聴・盗撮器を設置する場所としましては、やはり一番のプライベートスペースである家屋内が多いです。

アパートやマンションなどに一人暮らしをしている女性に対し、彼氏や元彼、ストーカーなどが勝手に取り付けていくというパターンが多くみられます。

盗聴・盗撮度チェック

盗聴・盗撮度チェック
  • いつも誰かに見られているような気がする
  • 何か部屋の中に違和感を覚える。部屋の配置物の場所が変わったような気がする。
  • 自分しか知りえない情報をなぜか第三者が知っていた。
  • 最近自宅近くで近隣住民ではない不審な人物や車両をよく見かける。
  • 電話中やテレビを見ているときに雑音やノイズ音が入る。
  • 空き巣に入られたことがある(特に金品などが盗まれなかった場合は要注意)
  • 鍵を引っ越してきた時のまま使用している。
  • 別れた恋人が粘着質である。または嫉妬深い人物である。
  • 過去に盗聴・盗撮をされた経験がある。

※これらの問いに該当するならば、あなたの身近に盗聴・盗撮器が仕掛けられている可能性があります。

賃貸住宅などに引っ越してきた場合、以前の居住者にまつわる盗聴・盗撮器が仕掛けられたままであることもあります。さらにはストーカーなどの様々な事件に発展してしまう恐れもありますので、早めのご対応をお勧めします。弊社では無料にてご相談をお受けいたします。

調査方法

弊社で行っている盗聴・盗撮器発見の調査方法をご紹介いたします。

基本的な調査方法はおもに2種類あり、特殊機材を用いて盗聴・盗撮器より発せられる電波を受信し位置を特定する方法と、調査員の目で直接仕掛け場所を特定する目視調査になります。

「目視」といってもただやみくもに探し回るというわけではありません。設置されている機器の形態などから、「よく設置される箇所」というものが存在します。専任の調査員がそれらの知識やこれまでの経験則に基づき調査を行います。

調査料金

ワンルーム~2DK30,000円~

※広さに応じて料金が異なります。詳しくはお問い合わせ下さい。

※取り外しが困難な場合は別途工事費がかかります。

※間取りにより変動いたしますので、詳しくは弊社にご相談ください。

調査依頼をご検討中の方へ

「盗聴・盗撮されているのでは?」といざ調査を依頼する際の注意点としまして、「周りの人間にあまり相談するべきではない」という点がございます。できれば誰にも言わないくらいの方が良いと思われます。なぜなら、仕掛けているのは身近な人物である可能性が高いからです。彼氏彼女、友人、親子兄弟、上司同僚部下などの場合がほとんどです。

全く面識のない人物が仕掛けるケースはあまりありません。もし相談した相手が仕掛けた本人だった場合、どうにか調査をさせない方にアドバイスをしてくるでしょう。調査を依頼したなどと話してしまえば調査日前に仕掛けを外され、調査後にまた設置されるという恐れもあります。家族に相談するとしても、家の中で相談するべきではありません。

なお弊社へのご連絡の際ですが、当然ながら盗聴されているかもしれない部屋からの通話はご遠慮ください。公衆電話や関係のない屋外などから携帯電話でおかけください。調査協力のほど、よろしくお願いいたします。

ページの先頭へ戻る